診察記録

今日は静岡の20代OL、遥さんの初回診察になります。遥さんとはLUNAで知り合いましたが、会ってみるとロリ顔でロリっぽい服装がとてもよく似合う可愛らしいい方でした。普段は電マでオナニーをしているそうです。

[第一部 医療プレイ]

いつもの様に聴診から入ります。可愛らしい下着を取ると、バランスの良いオッパイです。聴診器を当てると、心音は正常ですが心拍数が上がっており、緊張している様です。

次に検温を行うためにベッドに上がってもらって膝胸位の姿勢で寝てもらいます。下着を下ろしてみるとほぼVIOラインは剃毛されています。肛門は皺の細い、とても整った形をしています。

ニトリルのグローブを嵌めて指にゼリーを塗り、遥さんの肛門に挿入します。かなり肛門の締まりは良さそうです。直腸内に指を入れると柔らかい便でいっぱいです。

指を抜いて遥さんの肛門に温計を挿入します。測定値は37.2度でしたので、脇の下換算で36.2度、平熱です。

続いて導尿を行います。小陰唇を広げてみると尿道口はクッキリ見えており導尿しやすい状態です。自己導尿カテーテルの先端を遥さんの尿道口に挿入すると少し痛みがあった様ですが、大丈夫と言うのでそのまま挿入を続けます。紙コップに100ccほどの尿が採取できました。

次に膣の検査を行います。クスコ式膣鏡のMサイズを使っての視診を開始します。膣鏡を開くと子宮口が見えます。CCDカメラを使ってリアルタイムで遥さんにも見てもらいました。遥さんはまだ婦人科検診に行ったことのないそうで、初めて自分の膣内を見たそうです。

続いて触診を行います。もも先生の指が遥さんの膣に挿入されます。指先がGスポットを捉えると遥さんは「おしっこが出そう…」と感じています。さらに指をポルチオ付近に移動させて刺激しますが強い反応はありませんでした。

指を抜いて感度の検査を行います。最初に1のアタッチメント時雨でクリトリスを刺激します。マイルドですが、確実に気持ちいいと言ってました。続いて2のサティスファイヤProでクリトリスを吸引します。遥さんはクリトリス吸引は過去に体験したことがあるらしいのですが、あまりの気持ち良さに簡単にイッてしまいました。そのまま何度も連続イキしています。3の潮吹きローターでも瞬殺です。強烈な振動が遥さんのクリトリスを襲い、何度もイッてしまいます。

ここからは中も刺激します。4のバイブでクリトリス吸引+ポルチオ責めです。このバイブが遥さんとの相性が最高に良かったです。「どこが気持ちいいのかわからない…」と言いながらイッています。5のシナプスフェーズでクリトリスとポルチオを責めますが、これは気持ちいいもののイケないそうです。再度4のバイブで遥さんをイカせます。何度も何度もイッた遥さんは身体が敏感になっていてバイブを抜いた後でも体のどこかに触れるだけでビクン!と反応しています。

 休憩した後に浣腸します。遥さんは小さな浣腸しか使ったことがないそうですが、今日はグリセリン50%溶液を120ccです。左側臥位になった遥さんの肛門を広げ、浣腸を開始します。浣腸が終わらないうちに弱音を吐く遥さん。1分も経たないうちに便意が強まったようですが、当然排便は許されません。もも先生に肛門を押さえられた遥さんは足の指をバタバタと動かしながら我慢するしかありませんでした。5分後に排泄が許可され、遥さんは床に置いた便器にしゃがんで排泄を始めました。直腸内に溜まっていた便が一気に排泄されます。匂いも非常に強いものです。まだ排便の途中ですがもも先生の指が遥さんの緩んでいる肛門内に侵入して直腸壁を刺激します。もも先生の指が肛門に入った状態で再び排泄が始まりました。

最後に肛門と直腸の検査を行います。まずは遥さんの肛門を触診します。あまり広がらない感じだったので細めのライト付きケリー氏式肛門鏡を使います。遥さんの直腸壁が見えています。

第一部の医療プレイはこれにて終了です。

[第二部 快楽責め]

まずは肛門に玩具を入れてみます。四つん這いになった遥さんの肛門に最初は細い6のゴムスティックを挿入します。「(ウンチが)出そう」と呟く遥さん。その後7、8、9とビーズ系の玩具を入れては引き抜き肛門の感覚を楽しんでもらいましたが、まだ快感にはなってない様です。10の太いゴムスティックをピストン運動しては抜くと肛門がポッカリと開いたままになります。面白いので何度も試しました。11の振動ビーズも入れましたがやはりまだ快感としては捉えられてない様です。

遥さんを胸縄に縛り、仰向けに寝かせます。まずは2のサティスファイヤProでクリトリスを吸引します。遥さんは叫びながら感じ続けています。3の潮吹きローターについては先程は最弱で当てていましたが今回は最弱の一つ上で当ててみました。強烈な振動が遥さんを襲います。これはギブアップだったので13の電マフェアリーブラックエクシードをクリトリスに直当てします。普段から電マでオナニーしている遥さんは気持ち良くなりすぎて涙を流しています。

次に12のクリトリス吸引+ポルチオ振動+肛門振動のバイブを入れます。下半身のあちこちが気持ち良くなった遥さんは絶叫しています。続いて13のシナプスヴォーグでクリトリス振動+ポルチオ振動+肛門振動で責めます。こちらも気持ちいい様でガクガク震えながら叫んでいます。締めで再び4のバイブでクリトリス吸引+ポルチオ責めを行い何度もイッてもらいました。

最後におせっくすをさせていただいて今日のプレイは終了です。

診察記録

今日の診察は静岡県の20代ナースさん、実央さんの初回診察でした。実央さんとはTwitterで知り合い、なかなか都合が合わなかったのですがやっと会うことができました。実央さんは浣腸好きで普段から自分でイチジク浣腸をしたりしているそうです。今日はプレイの為に二日間便を溜めてくれているそうです。

今日は肛門科の診察に絞って診て欲しいという事だったので器具を絞って用意しました。

今日は直腸と肛門の精密検査、その前の前処置という設定でプレイ開始です。まずは聴診です。セクシーな下着を脱ぐと可愛らしいオッパイに大きな乳首が印象的です。聴診器を当てるとビックリするほど大きな心音でした。聴診の後は乳癌の検査でシコリがないか触診します。

次はベッドにて直腸温測定を行います。膝胸位の姿勢で下着を降ろします。ウエストは縊れていてお尻は丸く大きい、素晴らしいお尻です。性器周辺は脱毛されています。ゼリーを塗ったもも先生の指を実央さんの肛門に挿入します。指が直腸に入ると大量の便塊に触れました。かなり硬そうです。指を抜いて体温計を実央さんの肛門に挿入します。測定値は37.2度、肛門の測定は高めに出るので平熱です。

指を抜いてグリセリン浣腸の用意します。今日もグリセリン50%の浣腸を120ccです。実央さんの肛門にオレンジ色のネラトンカテーテルを挿入してグリセリン溶液を直腸に注腸します。最初は自分で肛門を押さえて我慢していた実央さんですが、1分も経たないうちに便意を訴えたので、もも先生が実央さんに替わって肛門を押さえます。普段は全然我慢できないそうですが、もも先生が許すはずがありません。実央さんは5分我慢させられて、5分後に便器に跨って排便を始めました。先程指に触れた小さな硬い便が排出されます。続いて太くて硬い便も出てきました。

暫くトイレで渋り腹と格闘していた実央さんですが、少し収まったので肛門と直腸の検査を行います。まずはもも先生の指が実央さんの肛門に挿入されます。今度は直腸内に便はありません。次に特大のチェルシーイートン式の肛門鏡を実央さんの肛門に挿入して直腸壁を視診します。CCDカメラで実央さんにも見てもらいます。綺麗なピンク色の直腸壁を二人で確認しました。

その後、高圧浣腸を行う予定でしたが実央さんのお腹の渋りが収まらなかったので、診察はここまでです。

最後にもも先生は実央さんに浣腸してもらい、今日のプレイは終了です。  

診察記録

今日の診察は山口県の30代OL、友梨奈さんの初回診察です。友梨奈さんとはTwitterで知り合い、わざわざ連休に関東まで来ていただき診察が実現しました。友梨奈さんは医療プレイに興味を持っていたものの、プレイをするのは初めてとのことです。

[第一部 医療プレイ]

いつもの様に聴診から入ります。ブラジャーを脱ぐと立派なオッパイとご対面です。聴診器を当てると心音は正常で心拍数も正常です。聴診の後は乳癌の検査でシコリがないか乳房を触診します。

ベッドに移動して膝胸位の姿勢で直腸温測定を行います。大人びたシックな下着を降ろして性器と肛門を露出させます。剃毛されていない性器は久しぶりでVIOライン全てに陰毛があります。後で剃りましょう。友梨奈さんの肛門に、ゼリーを塗った指を挿入します。まだ肛門の感覚に目覚めていない友梨奈さんはまだ快感に感じることができません。それはそれで初々しいです。

指を抜いて体温計を友梨奈さんの肛門に挿入しました。測定値は37.4度、脇の下換算で36.4度位なので平熱です。

次に剃毛を行います。Vラインは残して欲しいそうなので、IラインとOラインのみ剃毛します。一発で綺麗に剃り上がりました。

剃毛の後は導尿です。友梨奈さんは初めての導尿です。自己導尿カテーテルを砕石位になった友梨奈さんの尿道に挿入します。直ぐに排尿が始まりましたが、1時間前に排尿したばかりだったので量は100cc程度でした。色はかなり濃い目。

次に膣の検査を行います。まずはクスコ式膣鏡のMを友梨奈さんの膣に挿入して広げます。子宮口が綺麗に見えているので友梨奈さんにもCCDカメラでもも先生が見えている腟内を見てもらいます。膣鏡を抜いて触診を行います。Gスポットやをポルチオ付近を刺激しますが、気持ちいいとはいうものの反応は今ひとつ。後から聞いたのですが、友梨奈さんは人見知りが激しいらしく緊張して反応が良くなかったのかもしれません。

ここから感度の検査を行います。まずはクリトリスの検査を行います。1のウーマナイザー2でクリトリスを吸引されると初めての快感に感じ始めた友梨奈さん。だんだん快感の波が押し寄せてイキました。その後も周期的にイキ続けます。しかしここで充電切れ。そこで2の潮吹きローターを当てるとにします。最弱の設定でも強力な振動に友梨奈紗さんはウーマナイザーと同じ様にイキ続けていました。

ここからは中にも刺激を加えます。3のオルガスターでクリトリス振動+Gスポット振動を加え、さらに4のシナプスフェーズでクリトリス振動+ポルチオ振動を加えますが、気持ち良さそうですがイクには及ばず。

5のバイブでクリトリス吸引+ポルチオ振動の2点責めを行なうと、こちらは途中からイキ始めました。どうやら友梨奈さんはクリトリス吸引系に弱い様子です。それでは6のバイブでクリトリス吸引+Gスポット振動+肛門振動の3点責めするとこれでもイケている様です。最後に7のシナプスヴォーグでクリトリス振動+ポルチオ振動+肛門振動の3点責めを行います。イッてはいるものの中イキではなくクリイキの様です。友梨奈さんは大汗をかいてベッドでダウンしています。

少し休憩して体力回復した後に浣腸を行います。今日もグリセリン50%の浣腸を120ccです。友梨奈さんは初めての浣腸だそうです。

左側臥位位の姿勢になった友梨奈さんの肛門にネラトンカテーテルを挿入してガラス浣腸器の中筒を押すとグリセリン溶液が直腸に注ぎこまれます。初めてのグリセリン浣腸体験に友梨奈さんは1分も経たないうちに便意を訴えます。3分経った頃に我慢できなくなった様なので、もも先生が友梨奈さんの肛門を押さえます。何とか5分を耐えきった友梨奈さんですが、便器にしゃがんだ瞬間に排泄が始まり、初めての浣腸排泄姿をもも先生に見られました。空気を少し入れたので、ブチュブチュという放屁音ももも先生に聞かれたのです。

最後に肛門と直腸の検査です。一番大きな特大のチェルシーイートン式肛門鏡を友梨奈さんの肛門に挿入して直腸壁を視診します。直腸壁が綺麗に見えます。こちらもCCDカメラで友梨奈さんにも見てもらいました。次にもも先生の指を友梨奈さんの肛門に挿入して肛門壁と直腸壁の触診が行われました。痔になったことのない友梨奈さんの肛門壁はとてもきれいなものでした。

これにて第一部の診察は終了です。

その後一緒に昼食を取り、たくさんお話して二人の距離感が縮まりました。結果的にそれが友梨奈さんの心が開き、第二部では簡単にイキ続けることになったのです。

[第二部 緊縛と快楽責め]

後手縛りにした友梨奈さんを四つん這いにして、快楽責めを行います。

先程瞬殺だったのウーマナイザー2が充電切れのため同機能の8のサティスファイヤProでクリトリスを吸引します。クリトリス吸引系に弱い友梨奈さんはサティスファイヤでも速攻でイッてしまいます。イッてから次にイクまでの時間がかなり短くなっています。さらに先程瞬殺だった2の潮吹きローターでも瞬殺でした。しかも連続でイッてます。縛られているので逃げられない友梨奈さんはもも先生に体を押さえられて快感に身を任すしかありません。ここからはまだ使ってない玩具も使ってみましょう。

9のバイブでクリトリス振動+Gスポット振動+肛門振動の3点責めすると吸引がないのでイケては居ませんが気持ち良さそうです。クリトリス振動+Gスポット振動の10のバイブ、11のクリトリス振動とポルチオ振動のアイリーコネクトも同様です。

12の高トルクバイブ(クリトリス振動+ポルチオのピストン運動)は意外なことにクリトリス吸引が無いのに友梨奈さんは何度もイキ続けていました。13の電マンアタッチメントもイキはしなかったもののかなり気持ちよかったみたいで友梨奈さんの息遣いが荒くなっていました。

縄を解いても攻撃の手は緩めません。8のサティスファイヤPro、2の潮吹きローター、14の電マ フェアリーブラックエクシードとクリトリス直接攻撃をローテーションで行なうと友梨奈さんは連続イキで悶え続けていました。時々「もう止めて下さい」という割には、イク寸前で寸止めして「止めていい?」と聞くと「止めないで下さい」という友梨奈さんが可愛いかったです。

最後におせっくすをさせていただき本日のプレイは終了です。

3回のプレイ、夜はダーツ、毎日早朝起床で体力の限界に挑戦した3日間でした。

診察記録

今日の診察は千葉県の30代OL、美鈴さんの2回目の初診察です。前回は2018年4月26日の診察だったので実に6年ぶりの再開になります。

[第一部 医療プレイ]

いつもの様に聴診から入ります。年齢を感じさせない張りのあるオッパイに聴診器を当てます。心音は正常で、心拍数はやや早め。緊張されているみたいです。聴診の後は乳癌の検査を行います。シコリがないか触診を行います。

ベッドに移動してもらい、膝胸位の姿勢にて直腸温測定を行います。下着を降ろすと脱毛されていない性器と肛門がお目見えです。美鈴さんの肛門に青いニトリルグローブを嵌めたたもも先生の指が侵入して肛門壁にゼリーが塗られます。肛門の快感を理解してる美鈴さんは早くも感じています。指を直Gスポット付近やポルチオ付近に移動させて直腸壁を刺激すると美鈴さんはさらに感じています。

指を抜いて体温計を美鈴さんの肛門に挿入します。測定値は37.1度、直腸温測定は約1度高めに出ますので差引36.1度位ですから平熱です。

次に導尿を行います。美鈴さんは前回の導尿時にかなり尿道の感覚の虜になっていました。自己導尿カテーテルを砕石位になった紗蘭さんの尿道に挿入すると、カテーテルご入ってくるだけで感じています。カテーテルの先端が膀胱に達すると勢いよく排尿が始まりました。

前回の診察時同様、導尿後カテーテルに1の電マ フェアリーブラックエクシードを当てて尿道を刺激します。尿道が感じる美鈴さんは歓喜の声を上げています。暫く当て続けましたが延々と快楽は続いています。

次に膣の検査を行います。まずはクスコ式膣鏡のMを美鈴さんの膣に挿入します。広げると子宮口が見えています。美鈴さんにもCCDカメラで自分の腟内を見てもらいます。

膣鏡を抜いて触診を行います。最初にGスポットを刺激するとかなり気持ちいいみたいで大きな喘ぎ声を上げています。ポルチオ付近も同様の反応があります。

感度の検査を行いましょう。前回診察時よりも遥かにパワーアップした、もも先生の器具(玩具)の実力を知るがいい。最初にクリトリスの検査を行います。2の電マアタッチメント時雨を美鈴さんのクリトリスに当てます。まずは小手調べですが、感じています。3のウーマナイザー2でクリトリスを吸引すると、初めてのクリトリス吸引に美鈴さんはイキ続けます。延々と体を硬直させています。4の潮吹きローターを当てると最弱の設定でも美鈴さんは歓喜の声を上げて相変わらずのイキ狂いを続けています。

5のオルガスターでクリトリス振動+Gスポット振動を加えるとクリイキと中イキが始まりまして。6のバイブでクリトリス吸引+ポルチオ振動の2点責めを行なうと、もう耐えきれない位の快感に美鈴さんは絶叫してイキ続けています。7のシナプスフェーズでクリトリス振動+ポルチオ振動は少し反応が弱いが気持ちいい様子。8のクリトリス振動+ポルチオピストン運動バイブもクリトリス吸引がないので少し反応が弱かったです。

休憩後に浣腸を行います。今日もグリセリン50%の浣腸を120cc。左側臥位位の姿勢になってもらい美鈴さんの肛門にオレンジ色のネラトンカテーテルを挿入してグリセリン溶液+空気を注腸します。空気はきっと排便時に大きな音をだしてくれることでしょう。浣腸後1分位でお腹が痛いと弱音を吐く美鈴さんですが、もも先生が許すわけがありません。美鈴さんに代わってもも先生が肛門を押さえます。何とか5分我慢できた美鈴さんを便器にしゃがますと、直ぐにグリセリン液の排泄が始まりました。今朝排便があったそうで、残念ながらグリセリン液と空気しか排泄されませんでした。

最後に肛門と直腸の検査を行います。前回も特大のチェルシーイートン式肛門鏡がギリギリで入ったのですが、今回もギリギリ。有柄式肛門鏡で肛門を拡張した後にチェルシーイートン式肛門鏡を挿入します。中筒を抜くと直腸壁がよく見えます。こちらもCCDカメラで美鈴さんにも見てもらいました。次にもも先生の指が美鈴さんの肛門に挿入されました。肛門壁の触診に続き直腸壁の触診が行われました。さらに美鈴さんの希望で双合診を行います。膣と肛門に同時に指を入れて内診するのです。ただ膣壁と直腸を擦り合わせるだけでなく、膣に入れた中指はGスポット、肛門に入れた人差し指は直腸経由でポルチオを捉えており美鈴さんは発狂寸前です。あまりの快感に美鈴さんの膣と肛門は痙攣を繰り返し、もも先生の人差し指と中指を強烈に締め上げます。

美鈴さんから「抜き差しして」とリクエストがあったので人差し指と中指をタイミングをズラして出し入れします。美鈴さんはただただ悶えるばかりでした。

これにて第一部の診察は終了です。

[第二部 もも先生への診察]

第二部は美鈴さんに浣腸してもらい、前立腺の検査や肛門鏡による視診をしていただきました。

[第三部 緊縛と快楽責め]

足と手首を左右それぞれ縛った状態で美鈴さんに快楽責めを行います。

まずは先程瞬殺だった3のウーマナイザー2。今回も速攻でイッてしまう美鈴さんですが、縛られているので逃げられずただただイキ続けて叫ぶばかりです。4の潮吹きローターも瞬殺でひたすらイキ続けることしかできない美鈴さん。

9のバイブでクリトリス吸引+Gスポット振動+ポルチオ振動の3点責めも瞬殺で美鈴さんはこれまたイキ続けています。その状態で10の振動アナルビーズも肛門に入れられると美鈴さんはさらに深い激イキ状態になっています。その状態でもも先生のおちんちんを美鈴さんにフェラチオさせます。11のクリトリス吸引+ポルチオ振動+肛門振動のバイブを入れても瞬殺。「止めて下さい」と叫ぶ美鈴さんですが、もも先生が止めるわけがありません。12のシナプスヴォーグのクリトリス振動+ポルチオ振動+肛門振動は激イキはしなかったものの気持ちは良さそうです。

縄を解いて肛門で遊びます。アナルビーズを13、14、15、16の順で出しては入れ、出しては入れします。

快感に貪欲な美鈴さんにはさらに快楽をあたえましょう。17のクリトリス振動+ポルチオ振動+肛門振動のバイブ、18の電マンアタッチメントと美鈴さんに連続で挿入します。電マンアタッチメントは「出し入れして」と言うのでピストン運動します。

ここで尿道の快楽責めも行いましょう。金属ブジーを熱湯消毒しますが、冷える前に時間があったので美鈴さんに40ccの浣腸を行います。今回も5分我慢出来ました。

美鈴さんがトイレから帰って来るとブジーは冷えていました。金属ブジーの19を美鈴さんの尿道に挿入します。最初は「こんな太いの入らない」と言ってた美鈴ですが、すんなりと根元まで入りました。続けて20を入れます。流石にこちらは太いので、根元の一つ前が「少し痛い」だったためその一つ手前まで入れた状態で電マでブルブルと震わせます。尿道好きの美鈴さんはこれだけでイッてしまいそうです。

快楽責めはこれで終了です。

最後に美鈴さんとおせっくすをして今日のプレイはこれにて終了です。

診察記録

今日の診察は千葉県の40代主婦、もも子さんの初回診察でした。先週プレイした彩芽さん同様、もも子さんとはLUNAで知り合い、もも先生のブログを読んでいただき医療プレイに対する熱意に興味を持っていただいたパターンです。

お会いするタイミングがなかなか合わなかったので何ヶ月か調整してお会いすることができました。もも子さんは潮吹き体質ということですが、医療プレイの方では導尿を行なうため膀胱が空になるので、第二部以降で潮吹きが見られそうです。

[第一部 医療プレイ]

いつもの様に聴診から入ります。心音は正常で、心拍数も安定、正常です。聴診の後は乳癌の検査でシコリがないか触診します。

ベッドに移動して膝胸位の姿勢で直腸温測定を行います。下着を降ろして性器と肛門を露出させます。性器周辺は脱毛されています。もも子さんの肛門に、ゼリーを塗ったもも先生の指が挿入されます。肛門の感覚については既に目覚めているもも子さんは「気持ちいい」と呟いています。肛門の感覚、直腸壁経由でGスポットやポルチオを責められる感覚全てが気持ちいいみたいです。

指を抜いて体温計をもも子さんの肛門に挿入します。測定値は36.9度、脇の下換算で35.9度位ですので平熱です。

次に導尿を行います。もも子さんは初導尿となります。自己導尿カテーテルを砕石位になったもも子さんの尿道に挿入するとちょろちょろと長い時間出続けていたので700cc程採尿ができました。(かなり溜めていてくれたみたいです)

導尿後カテーテルに1の電マ フェアリーブラックエクシードを当てて尿道を刺激します。初めての感覚にもも子さんは戸惑っていますが、気持ちいいと呟いています。電マの出力を上げるともも子さんの呻きは大きくなります。

次いで膣の検査を行います。まずはクスコ式膣鏡のLをもも子さんの膣に挿入して広げます。膣鏡の向こうに子宮口が見えており、もも子さんにもCCDカメラで自分の腟内を見てもらいます。膣鏡を抜いて触診を行います。Gスポットを刺激するとかなり気持ちいいみたいで喘いでいます。もも先生の指も締め付けられます。直ぐにもも子さんはイッてしまいました。ポルチオ付近も反応がありますが強い刺激は苦手の様です。このまま感度の検査を行います。

まずはクリトリスの検査を行います。2の電マアタッチメント時雨です。これだけで直ぐにクリイキしたもも子さん、3のウーマナイザー2でクリトリスを吸引されると速攻でイキ、そのまま連続イキが止まりません。体を跳ね上げて大暴れしていますがもも先生の手に持たれたウーマナイザーはクリトリスから外されません。4の潮吹きローターを当てると最弱の設定でももも子さんは絶叫して逃げ惑いイキ続けています。

次は中も責めましょう。5のオルガスターでクリトリス振動+Gスポット振動を加えると中イキが始まります。6のバイブでクリトリス吸引+ポルチオ振動の2点責めを行なうと、吸引が始まった瞬間からもも子さんは悲鳴を上げてイキ続けます。て息も絶え絶えになっています。7のシナプスフェーズでクリトリス振動+ポルチオ振動でももも子さんの中イキは止まりません。更に8のクリトリス振動+ポルチオ振動+肛門振動のバイブを入れて追い討ちをかけられると快感に耐えられなくなったもも子さんは悲鳴を上げて逃げ惑います。

少し休憩した後に浣腸を行います。今日もグリセリン50%の浣腸を120ccです。もも子さんは自分で小さな浣腸を2日に1回しているそうですが、1分半位で出してしまう様です。今日はたっぷり我慢してもらいましょう。左側臥位位の姿勢になったもも子さんの肛門にネラトンカテーテルを挿入してグリセリン溶液を直腸に注ぎます。自分で肛門を押さえて我慢していたもも子さんですがら2分位で便意を訴えます。もも先生が替わって肛門を押さえます。5分我慢したもも子さんですが、まだ我慢できそうなので継続して我慢させます。6分を過ぎたあたりで我慢できなくなった様子なので便器にしゃがんでもらいます。しゃがんだ瞬間に激しい排泄が始まり、臭い匂いが部屋に充満しました。

最後に肛門と直腸の検査です。まず特大のチェルシーイートン式肛門鏡をもも子さんの肛門に挿入して直腸壁を視診します。血管が綺麗に見えます。こちらもCCDカメラでもも子さんにも見てもらいました。次にもも先生の指がもも子さんの肛門に挿入されて肛門壁と直腸壁の触診が行われます。これにて第一部の診察は終了です。

[第二部 もも先生への診察]

第二部はもも子さんに浣腸してもらい、前立腺の検査や肛門鏡による視診をしていただきました。

[第三部 緊縛と快楽責め]

貉縛りにしたもも子さんに快楽責めを行います。

最初は先程瞬殺だった3のウーマナイザー2。今回も速攻でイッてしまうもも子さんですが、縛られているので逃げられません。大声で叫ぶ様子は壮観です。次に4の潮吹きローター、これも瞬殺。

9のバイブでクリトリス吸引+Gスポット振動+ポルチオ振動の3点責めも瞬殺です。10のシナプスヴォーグのクリトリス振動+ポルチオ振動+肛門振動は最初は反応が薄かったもののジワジワと反応。最後に8のクリトリス振動+ポルチオ振動+肛門振動のバイブを入れて瞬殺の上、長時間責めて快楽責めは終了です。

最後に相互乳首責め、69をしたところでもも子さんが潮を吹き出しました。そのまま指でクリトリスを刺激すると潮が止まりません。おせっくすが始まり挿入していても潮は止まりません。ベッドの上は潮でびしょびしょになりました。

本日のプレイはここまでです。

診察記録

今日の診察は神奈川県の女子大生、彩芽さんの初回診察です。彩芽さんとはLUNAで知り合い、もも先生のブログを読んでいただき医療プレイに対する熱意に興味を持っていただきました。熱心に対応していただいたので、元々4 月は2回も関東遠征が入ってましたが急遽3回目の関東遠征を確定させて、会うことができました。会ってみるとショートカットのとても可愛らしい方です。

[第一部 医療プレイ]

まずは聴診から入ります。心音は正常、心拍数も落ち着いています。若い彩芽さんですが、乳癌の検査はしたことがあるそうです。念の為シコリがないか柔らかな乳房を触診します。

次にベッドに膝胸位の姿勢で寝てもらい直腸温測定を行います。お尻側が半分レースになっている可愛い下着を降ろして性器と肛門を露出させます。彩芽さんの肛門にゼリーを塗った、もも先生の青いニトリルグローブをはめた指が挿入されます。元々肛門には否定的な感覚をお持ちの彩芽さんは、「怖い」と逃げ腰になります。しかしもも先生は気にせず直腸壁を念入りに弄ります。指を抜くと指先に軟便が付着しています。

指を抜いて体温計を彩芽さんの肛門に挿入しさます。測定値は37.0度、直腸温は高めに出るので36.0度位、平熱です。彩芽さんの小陰唇からは愛液が溢れています。

次に導尿を行います。彩芽さんは尿道にモノを入れるのは始めてです。12frの自己導尿カテーテルを砕石位になった彩芽さんの尿道に挿入します。間もなく排尿があり、200cc程採尿ができました。

カテーテルを抜いて膣の検査を行います。まずはクスコ式膣鏡のMを彩芽さんの膣に挿入して広げます。膣鏡の向こうにピンク色の子宮口が見えていることを確認後、彩芽さんにもCCDカメラで自分の腟内を見てもらいます。膣鏡を抜いて触診を行います。Gスポット付近やポルチオ付近を刺激すると彩芽さんの反応があります。どちらかというとポルチオの方が高反応です。ここから感度の検査を行います。彩芽さんは人前ではなかなかイケないそうですが彩芽さんの常識を覆しましょう。

最初はクリトリスの検査を行います。まずは1の電マアタッチメント時雨です。これだけで何度か速攻でイッてしまった様です。次に先日リチウム電池交換した2のウーマナイザー2で彩芽さんのクリトリスを吸引します。電源が完全に復活しており順調に吸引しています。普段、あまり玩具を使ったオナニーをしない彩芽さんは初めての快感に大騒ぎして体全体をバタつかせて喘いでいます。後で聞いたら何度もイッていたそうです。次いで3のバイブでクリトリス吸引+Gスポット振動+ポルチオ振動の3点責めですが、彩芽さんはもうイキ続けて息も絶え絶えになっています。4のシナプスフェーズでクリトリス振動+ポルチオ振動で彩芽さんの性感帯であるポルチオを集中的に責めます。しかも、もも先生の指が彩芽さんの肛門に侵入してきました。さらに5のクリトリス振動+ポルチオ振動+肛門振動のバイブを入れられると彩芽さんは悶えて半狂乱になっています。短時間にイキ続けている彩芽さんは、感度の検査が終わるとグッタリしていました。

少し休憩した後に浣腸を行います。今日はグリセリン50%の浣腸を120ccです。彩芽さんは自分で小さな浣腸はしたことがあるそうですが、直ぐに出してしまったそうです。今日はもも先生がついているので直ぐに出せるわけがありませんね。砕石位の姿勢になった彩芽さんの肛門にネラトンカテーテルが挿入されてグリセリン溶液が直腸に注腸されます。1分も経たないうちにお薬が効いてきた様で、既に弱音を吐いている彩芽さん。もも先生に肛門を押さえられているので、どんなに苦しくても出すことが出来ません。便意が高まると無言で力んでいますが、かなり苦しそうです。何とか5分我慢した彩芽さんですが、便器にしゃがんだ瞬間に激しい排泄が始まりました。可愛らしい子でも匂いは強烈です。後で恥ずかしかったか聞いてみましたが、恥ずかしいよりも出したくてたまらない気持ちの方が強かった様です。

最後に肛門と直腸の検査です。まずケリー氏式肛門鏡を彩芽さんの肛門に挿入し、直腸壁を視診します。血管が綺麗に見えています。こちらもCCDカメラで彩芽さんにも見ていただきました。次いでもも先生の指が輝子さんの肛門に挿入されました。肛門壁と直腸壁の触診が行われて第一部の診察は終了です。

[第二部 緊縛と快楽責め]

第二部は彩芽さんを縛って自由を奪い、その状態で快楽責めを行います。彩芽さんを後手に縛り、頭を下げた四つん這いの姿勢にします。目の前には肛門と小陰唇という素敵な眺めです。

最初は先程瞬殺だった2のウーマナイザー2です。速攻でイッていまう彩芽さん。何度もイッてるのにイッてますと言えない彩芽さんのお尻に何度もバラ鞭が見舞われます。続けて6の潮吹きローターを彩芽さんのクリトリスに当てます。クリトリスが敏感な彩芽さんは半狂乱です。続けて7の電マ、フェアリーブラックエクシードをクリトリスに当てると、同じく半狂乱状態が続きます。8のクリトリス振動+ポルチオ振動のバイブ、9のクリトリス振動+ポルチオ振動のバイブ、10のクリトリス振動+ポルチオ振動+肛門振動の電マアタッチメント シナプスヴォーグと立て続けに前半に使わなかった玩具を投入します。その後はアナルビーズ等で遊びたかったのですが、肛門が痛くなってきたみたいなので中止しました。

最後にエッチをさせていただきました。遅漏の私が直ぐにイッてしまったので、彩芽さんの性器はとてもなものでした。

これをもって本日のプレイは終了です。

診察記録

今日の診察は千葉県の輝子さんの初回診察です。輝子さんは他の方とは医療プレイ経験があるとの事でした。今回は輝子さんの事情で早く帰らなければならなかったので結果的に2時間差弱の短時間診察となりました。

いつもの様に聴診から入ります。心音を聞くとやや早めです。聞いてみると少し緊張されている様です。

次にベッドに膝胸位の姿勢で寝てもらいます。下着を降ろすと性器と肛門が丸見えです。輝子さんの肛門にゼリーを塗られた、もも先生の青いグローブをはめた指が挿入されます。指がGスポットの付近を探り出すと輝子さんは気持ちよくなり喘ぎ始めました。指はGスポット付近から子宮口付近に移動します。ポルチオの快感に輝子さんは感じています。

指を抜いて体温計を輝子さんの肛門に挿入しむす。測定値は37.0度、直腸温は高めに出るので平熱です。

次に導尿を行います。輝子さんのリクエストでもあります。12frの自己導尿カテーテルを砕石位になった輝子さんの尿道に挿入します。小陰唇を開くと中は愛液で溢れており尿道口が見えないので、一度ティッシュで拭き取った後にカテーテルを挿入します。カテーテルの先端が膀胱に達すると直ぐに排尿があり、100cc程採尿ができました。

カテーテルを抜いて膣の検査を行います。まずはクスコ式膣鏡を輝子さんの膣に挿入して広げます。膣鏡の向こうにピンク色の子宮口五見えています。膣鏡を抜いてもも先生の指による触診が始まります。指がGスポットを捉えるとあまりもの快感に輝子さんは体を捩らせながら悶えています。直ぐに絶頂に達した輝子さんはイッてしまいました。さらにポルチオでも同様の反応があったので感度の検査を行います。

最初はクリトリスの検査です。1のウーマナイザー2で吸引しようとすると直ぐに止まってしまいました。充電直後なのでバッテリーが寿命かも。(かなり活躍しましたもんね)浜松に帰ったら修理にチャレンジです。仕方が無いので2のサティスファイヤProで輝子さんのクリトリスを吸引します。あまりの快感に輝子さんは腰を浮かせて喘いでいます。さらに3の潮吹きローターでクリトリスを振動させます。次いで4のバイブでクリトリス吸引+Gスポット振動+ポルチオ振動の3点責めです。輝子さんはずっと腰を浮かせたままです。5のオルガスターでクリトリス振動+Gスポット振動、6のアイリーコネクトでクリトリス振動+ポルチオ振動、7のシナプスフェーズでクリトリス振動+ポルチオ振動と強烈なラインナップで責め続けて輝子さんは何度もイキ続けて息も絶え絶えです。

少し休憩した後は浣腸を行います。今日はグリセリン50%の浣腸を120cc行います。今日は輝子さんのリクエストで紙オムツを使います。砕石位に寝た輝子さんの肛門にネラトンカテーテルが挿入され、グリセリン溶液が直腸に注腸されます。直ぐに効いてきた様で苦しい表情の輝子さんですが、お尻を押さえずに5分我慢出来ました。まだ我慢出来そうだったので頑張ってもらいます。結局7分我慢したところでオムツの中からビチャビチャという音が聞こえだし、排泄が始まりました。

最後に肛門と直腸の検査です。最初にもも先生の指が輝子さんの肛門に挿入され、肛門壁と直腸壁の触診が行われました。次に特大のチェルシーイートン式肛門鏡で肛門科壁の視診が行われ、本日の診察は終了です。

診察記録

今日は兵庫県の20代OL、定子さんの診察です。定子さんは男性経験がないということで、今日も荷物は少な目。元々準備片付けこみで3時間という短時間診察の予定だったところ、定子さんが1時間半遅刻してしまったので超短時間の診察となりました。

まず最初に聴診から入ります。心音は正常です。次に検温です。ベッドに砕石位に寝てもらいゼリーを塗った指を挿入します。次に指を抜いて体温計を定子さんの肛門に挿入します。測定値は37.4度。脇の下換算で36.4度ですから平熱です。

左側臥位に寝てもらい浣腸を行います。定子さんは子供の頃、病院で何度も浣腸されたそうです。今日はグリセリン50%で120ccです。注入が終わると直ぐに便意を訴える定子さんですが、もちろん我慢させます。

4分が経って少し漏らしてしまい、最後には5分手前で出してしまいました。

お腹の中が綺麗になったのでケリー氏式直腸鏡で定子さんの腸内を視診します。

その後、電マを当てたいと言うのでクリトリスに電マを長時間当て、定子さんは何度もイキました。 

さらに40ccの浣腸を行い、今度は5分我慢させて排泄の許可を出しました。

診察記録

今日は青森の20歳女子大生、紗倉さんの初回診察になります。紗倉さんは前回診察した患者さん同様、中学生の頃からもも先生のブログを読んでいたそうです。遙か遠方から東京まで来てくれた患者さんですので、気合いが入っています。荷物も尋常ではない量になっています。

天ぷら専門で天丼を食べた後、プレイ開始です。

[第一部 医療プレイ]

最初は聴診から入ります。ベージュの可愛らしい下着を取ると、素晴らしいオッパイとご対面。北国出身なので肌が真っ白です。綺麗な胸に聴診器を当てると、心音は正常ですが心拍数が上がっており、緊張している様です。

乳房にシコリがないか触診しますが、素晴らしい張りです。重ねて書きますが最高でした。それでも、昔に比べたら全然だそうです。

次に検温を行うためにベッドに上がってもらい膝胸位の姿勢で寝てもらいます。下着を下ろすと、それはそれは可愛らしい肛門です。

陰毛は数日前に剃ったそうで殆ど残ってなかったので今日は剃毛は無しです。

青いニトリルのグローブを嵌めて指にゼリーを塗り、紗倉さんの肛門に挿入します。アナルセックスの経験もある紗倉さんなので、肛門も感じる様です。肛門壁経由で指をGスポットに向けて押すと、喘ぎ初めました。誰でも気持ちよくなりますよね。さらにポルチオ側も直腸壁経由で刺激するとこちらも気持ちいいみたいで「気持ちいいです」と喘いでいます。

指を抜いて体温計を肛門に挿入して検温を開始します。測定値は37.1度でしたので、脇の下換算で36.1度、平熱です。この時点で紗倉さんの小陰唇から愛液が溢れていました。

続いて導尿を行いましょう。小陰唇を広げて尿道口を露出させます。自己導尿カテーテルの先端を紗倉さんの尿道口に挿入します。カテーテルの先端が膀胱に達すると、紙コップに200ccほどの尿が採取できました。

次に膣の検査を行います。最初にクスコ式膣鏡のLサイズを使っての視診となります。膣鏡を開くと子宮口が見えます。子宮口はCCDカメラでリアルタイムに紗倉さんにも見てもらいました。若いので婦人科検診に行ったことのない紗倉さんは初膣鏡です。

次に触診を行います。もも先生の指が膣に挿入され、指先がGスポットを捉えると紗倉さんは腰を拗らせて声を上げ、快感に悶え始めました。さらに指がポルチオ付近を探り出しても続けて快感に悶えています。気持ちよくなるにつれて膣が締まり、もも先生の指をグイグイと締め上げます。指が痛くなるほどの素晴らしい締め具合です。

一旦指を抜いて感度の検査を行います。最初に1のサティスファイヤProでクリトリスを吸引します。紗倉さんはクリトリス吸引は初めてらしく、あまりの気持ち良さに何度もイッてしまいました。しばらくクリトリスに集中しましょう。2の時雨でクリトリスをワサワサとくすぐります。これも気持ちよくて感じています。3の電マ スライヴ、4の電マ フェアリーブラックエクシードもお気に召した様で何度もイッてます。

ここからは中の方も刺激しましょう。まずは5のオルガスターでクリトリス+Gスポット責め。紗倉さんは電マアタッチメントは初めての様で、初めての快楽に悶えています。次に6のシナプスフェーズでクリトリスとポルチオを責めると同時にもも先生の指が肛門に入ってきます。すると紗倉さんは快感で腰を浮かせています。7のクリトリス吸引+Gスポット振動+ポルチオ振動のバイブ。これは非常に相性がよく、肛門には8の振動アナルビーズを入れると直ぐに連続イキが止まりません。9のクリトリス吸引+ポルチオ振動のバイブも気持ちよさそうにして喘いでいます。10のクリトリス吸引+ポルチオ+肛門振動のバイブは相性が最高でした。入れて10秒もしないうちにイッてしまい、その後も連続イキが止まりません。腰を浮かせて小刻みに体を震わせながらイキ続けています。10~15秒に一回イッています。11のシナプルヴォーグは気持ちよさそうにはしていましたが想像していてはどではありませんでした。

 少し休憩した後に浣腸します。今日はグリセリン50%溶液を120ccです。紗倉さんは全く浣腸体験がないそうです。左側臥位になった紗倉さんの肛門を広げ、いつもの様にグリセリン溶液だけではなく空気も30cc程注入します。きっと出す時にいい音をたててくれるでしょう。

紗倉さんは浣腸して1分も立たないうちに「お腹が痛いです」と便意を訴えます、しかしもも先生が排便を許可するはずがありません。もも先生に肛門を押さえられた紗倉さんは我慢するしかないのです。何とか5分我慢できた紗倉さんは床に置いた便器にしゃがんで排泄を始めました。しかし便が全く下部消化器官に無かった様で排泄されたのはグリセリン溶液と大量のオナラだけでした。

最後に肛門と直腸の検査を行います。まずは紗倉さんの特大のチェルシーイートン式の肛門鏡を入れてみます。アナルセックスができた紗倉さんなので余裕で入りました。さらに大きなチェルシーイートン式の肛門鏡は入ったものの痛みを訴えたので直ぐに抜き、一つ前の肛門鏡に入れ替えます。内筒を抜いて直腸壁を視診します。ピンク色の直腸壁と、グリセリン液の残りが見えます。この模様もCCDカメラで紗倉さんにも見てもらいました

次にもも先生の指を紗倉さんの肛門に挿入して触診します。最に肛門壁を触診します。Gスポット付近やポルチオ周辺を押すと紗倉さんは気持ちよくなって腰を動かしています。

第一部の医療プレイはこれにて終了です。

[第二部 快楽責め]

まずは胸縄に縛り、頭を下げた四つん這いの姿勢にして責めていきます。紗倉さんの可愛い肛門と性器が丸見えです。この状態で12の潮吹きローターをクリトリスに当てます。強烈な振動に耐えられず紗倉さんは腰を落としてしまいます。さっき相性のよかった7のクリトリス吸引+Gスポット振動+ポルチオ振動のバイブ+肛門には8の振動アナルビーズや10のクリトリス吸引+ポルチオ+肛門振動のバイブで紗倉さんを責めます。

さらにここから肛門系の玩具が続きます。ゴムスティックの13、14、15にアナルビーズ16、17、18、19が順番に入れられては出されています。特にアナルビーズの抜く時が気持ちいいみたいです。最後に20の長いゴムスティックを抜き差しして肛門遊びは終了です。

縄を解いて、再び前の方を快楽責めします。20のクリトリス振動+Gスポット振動+ポルチオ振動のバイブ、21 のクリトリス振動+ポルチオ激震バイブ、7のクリトリス吸引+Gスポット振動+ポルチオ振動のバイブ、10のクリトリス吸引+ポルチオ+肛門振動のバイブと連続で紗倉さんを責めます。

最後におせっくすをさせていただき第二部のプレイも終了となりました。

紗倉さんは可愛らしくて体型も私好みでストライクど真ん中、楽しい時間を過ごせました。

帰り際の片付け時にウッカリ剃刀で右手の親指の指先を切ってしまい、暫く血が止まらなくなりました。一旦血は止まったものの、夜にお友達とダーツを投げに行ったら傷口が再度パックリと開いてしまいました。(笑)

診察記録

今日は神奈川の21歳女子大生、亜矢さんの初回診察になります。亜矢さんは8年前からもも先生のブログをこっそりと読んでいたそうです。まだ処女の亜矢さんですが、今回勇気を出して診察依頼の連絡を出したそうです。膣に玩具を入れられないので一部の玩具は置いて来ました。

[第一部 医療プレイ]

いつもの様に最初に聴診から入ります。下着は白の可愛らしいものでした。デザイン的に「ちょっと幼すぎるかも?」と心配されてましたが、とても似合ってました。可愛らしい微乳に聴診器を当てると、今まで聞いたことがない位に早い鼓動です。緊張している様です。

次に検温を行います。ベッドの上で膝胸位の姿勢で寝てもらいます。下着を下ろすと、可愛い肛門とご対面です。皺の均整が取れた、素晴らしい形をしています。陰毛は処理されておらず、後ほど剃る事にします。この時点で小陰唇から愛液が溢れています。

指に青いニトリルのグローブを嵌め、亜矢さんの肛門に挿入します。もも先生の指が肛門に入った瞬間に早くも反応がありました。早い!とても気持ちいいそうです。肛門壁にゼリーを塗るとずっと気持ちいいそうで、ひたすら喘いでいます。指を直腸まで伸ばすと直腸内には柔らかい便が大量に溜まっています。(プレイの為に昨日は出さないでおいてくれたそうです)指をGスポット側に移動させて押すと、早速反応があります。凄く気持ちいいそうです。

ポルチオ側は便があるので触れません。指を抜いて体温計を肛門に挿入して検温します。測定値は37.1度ですから、脇の下換算で36.1度、平熱です。

次に砕石位になってもらい剃毛を行いました。Vラインを残してIラインとOラインを全て剃ります。剃毛は初めての亜矢さんですが、性器周りはツルツルに剃りあげられました。

可愛くなった性器周りですが、小陰唇を広げて尿道口を露出させ、導尿します。自己導尿カテーテルの先端が亜矢さんの膀胱に達すると、紙コップに排尿が始まりました。300ccほどの尿が採取できました。排尿後にカテーテルに電マを当てて尿道をブルブルと震わせます。初めての快感に亜矢さんは歓喜の声を上げています。

亜矢さんは処女で、指を1本入れるだけでも痛そうだったため、膣の検査は諦めます。

しかし感度の検査は可能です。最初に1のウーマナイザー2でクリトリスを吸引します。初めてのクリトリス吸引に亜矢さんは感じ続けています亜矢さんはイク時にハッキリと「イク」と言わないので、イッたかどうかわかりにくいのですが、よく聞くと小さな声で「イクイク…」と言ってるのでイッてるのでしょう。

続いて2の時雨でクリトリスをワサワサとくすぐります。これも気持ちよくて感じています。

3のフェアリーブラックエクシードをクリトリスに直当てするとたまらなくなって上の方に逃げようとします。しかし足をもも先生に掴まれて亜矢さんは逃げられず、クリトリスを責められ続けます。

4の強烈な潮吹きローターになると、刺激が強すぎて反り返って快感を表現しています。

5の吸引系サティスファイヤProで再度クリトリスを吸引しますが、振動系が欲しそうだったので6の電マスライヴに替えます。電マをクリトリスに当てたまま、肛門に指を入れて肛門壁を刺激します。亜矢さんは大好きな肛門への刺激を追加されて狂喜乱舞。さらに指を7、8、9のゴムスティックに替えて挿抜します。今まで体験したことのない快感に亜矢さんは発狂寸前です。さらにアナルビーズの17を出し入れすると、たまらなく気持ちいいそうです。他にもたくさんのビーズがありますが、それは第二部でね。

 少し休憩した後に浣腸します。今日はグリセリン50%溶液を120ccです。自分でシャワー浣腸した以外は浣腸体験がない亜矢さんですが、亜矢さんは浣腸されてオムツに出すのが夢だったそうですので、オムツを腰の下にひいて浣腸です。空気も80cc分入れられます。

初めてのグリセリン浣腸でしたが、何故かあまり効かなかった様です。6分が経った辺りで追加の浣腸80ccと空気を120cc入れました。(亜矢さんに追加しますか?と聞いたら嬉しそうに「ハイ!」と応えてました)それでも効きが甘い様です。体勢を四つん這いに変えさせるとテキメンで、直ぐに効いて来たようです。この時点で、お腹が痛いのも気持ちよく感じ始めた亜矢さん。しかしもも先生は排便を許可しません。結局15分我慢させられた亜矢さんはベッドの上でオムツの中にブリブリと大きな音を立てて排便を始めました。強烈な臭いが漂う中、亜矢さんは何度も何度も大きな音を立ててオムツの中に排泄していました。オムツを開くと、ビックリするくらい大量の便が排泄されていました。

最後に肛門と直腸の検査を行います。まずは亜矢さんの肛門にケリー氏式肛門鏡を挿入しますが、これは余裕で入ります。次に特大のチェルシーイートン式の肛門鏡を入れてみますが、亜矢さんは「気持ちいい…」と喜んでいます。一番大きなチェルシーイートン式の肛門鏡はギリギリでしたが、挿入する事ができました。肛門鏡の内筒を抜いて直腸壁を視診します。ピンク色の直腸壁と、大量のグリセリン液の残りが見えます。この模様はCCDカメラで亜矢さんにも見てもらいました

次にもも先生の指を亜矢さんの肛門に挿入します。まずは肛門壁を触診します。亜矢さんは気持ちよくて悶えています。続いて直腸壁を触診します。Gスポット方向を押すと「オシッコが出そう…」と感じています。ポルチオ周辺は痛い箇所もありますが、気持ちよく感じている場所もありました。

[第二部 快楽責め]

まずは胸縄に縛り、頭を下げた四つん這いの姿勢にします。肛門と性器が丸見えです。この状態で3のフェアリーブラックエクシードをクリトリスに当て、肛門には10の振動プラグを入れてブルブル震わせます。亜矢さんは気持ちが良すぎてついつい四つん這いの姿勢を崩してしまい、もも先生に鞭で何度もお尻を叩かれています。何度も姿勢を崩すので、お仕置の浣腸です。

今度は50%グリセリン溶液を200ccと空気を150cc程入れます。今度は直ぐに効いてきました。「出ちゃいそうです」と泣きそうになっている亜矢さんですが、もも先生は許しません。かなり厳しそうだったのでベッド上で便器にしゃがませます。亜矢さんは何度も「出させてください」と懇願しますが、もも先生は許さないので亜矢さんは肛門を締めて我慢するしかありません。4分程我慢したところで亜矢さんは耐えられず便器に排泄を始めました。空気の量も多かったので派手に音を立てています。

縄を解いて亜矢さんのリクエストによるアナルセックスです。相互乳首でお互い楽しんだ後、もも先生のオチンチンが亜矢さんの肛門にヌルッと入ります。少し痛がったので直ぐに止めましたが、入れただけで幸せ。

次に肛門の玩具で遊びます。アナルビーズの11、12、13を順に入れては勢いよく引っ張ります。肛門からビーズが飛び出す度に亜矢さんは大きな声をあげています。「これ、したかったんです」と正直に告白する亜矢さん。

さらに14を直腸内で回転させると、これでも感じています。

次に長いゴムの玩具15、16を使います。15は凹凸がないので感じなかった様ですが、16は「これ、入れてみたいです」とリクエストしただけあって、肛門に全部飲み込んだ後に10cm程出し入れされたり、全部を一気に引き抜かれる度に歓喜の声を上げていました。白く綺麗な亜矢さんの背中を舐めると、それも気持ち良さそうです。

亜矢さんはもも先生にも浣腸してくれました。

亜矢さんにお尻を洗ってもらった後、四つん這いにして亜矢さんの可愛い肛門を舐めました。肛門周囲、肛門の内側、今日一日楽しませてくれたお礼に何度も何度も舐めさせてもらいました。

最後に亜矢さんを仰向けにして1のウーマナイザー2でクリトリスを責めると、「電マを当てられたい」というので3のフェアリーブラックエクシードをクリトリスに当てます。「お尻にブルブルするのを入れて下さい」と言うので肛門に10の振動プラグを入れます。可愛い乳首を舐めと後、耳の中を舐めると、これも気持ちいいみたいです。

「背中を舐めて下さい」というので、電マとプラグを入れたまま背中を何度も舐めると亜矢さんは喜んでくれました。

時間があればやりたいことはまだまだあったのですが、帰りの時間が近づいたので、今日のプレイはこれにて終了です。

診察記録

今日は千葉の20代OL、佳奈さんの診察です。少し前に佳奈さんからメールをいただき、診察の運びとなりました。某駅で待ち合わせた佳奈さんは私のストライクど真ん中の清楚で可愛い女性で、診察前から気分が高揚していました。今日はお互いの時間の制約で3時間ちょっとの短いプレイになってしまったので、効率よく処置を進めていく必要があります。

[第一部 医療プレイ]

最初に聴診から入ります。可愛い微乳に聴診器を当てます。心音は正常、鼓動は少し早かったので緊張されている印象です。

次に検温を行うのためにベッドに移動します。膝胸位の姿勢で寝てもらうとスリムなウエストに可愛い下着のコントラストが素敵です。下着を下ろすと、脱毛処理中の陰毛はほとんど残されていません。控えめな肛門がお尻の割れ目から覗いています。

ニトリルのグローブを嵌めた指を佳奈さんの肛門に挿入します。肛門壁にゼリーを塗り、指を直腸まで伸ばして直腸診を行いますが、直腸内には便は無い様です。Gスポット側やポルチオ側を刺激してもほとんど反応がありません。感じてないのかと思いましたが、佳奈さんは反応が少ない様で、実は感じている時も多いのだと、後で知りました。指を抜いて体温計を肛門に挿入します。測定値は37.2度。脇の下換算で36.2度、平熱です。

次に砕石位になってもらい導尿を開始します。佳奈さんは手術の時に導尿の経験があるそうですが、その時は麻酔で意識のない時に挿入されていたそうです。早苗さんの尿道口に自己導尿用のカテーテルを挿入します。一時間前に排尿したと聞いて、出ないかと思いましたが300ccほど採尿できました。(その後コップをひっくり返してしまいました)

膣の視診を行うためにクスコ式膣鏡のSサイズを佳奈さんの膣に挿入します。膣鏡を広げて、膣内を視診すると子宮口が見えます。CCD カメラで膣壁をスマホに映し佳奈さんに見てもらいます。佳奈さんは初めて自分の子宮口や膣壁を見たそうです。

膣鏡を抜いて触診を行います。ニトリルグローブを嵌めたもも先生の指が佳奈さんの膣内に侵入します。指をGスポットに当てると佳奈さんはあまり反応がありません。気持ちよくないのかと聞いてみたら気持ちいいそうです。ポルチオもそんな感じです。しかし「8時、4時のあたりが気持ちいい」としっかり気持ち良さを感じ取っています。

ここから感度の検査を行います。まず1のウーマナイザー2でクリトリスを吸引します。クリトリス吸引の経験がない佳奈さんは当てて直ぐに絶頂を感じます。イク時も「イク」と言わないのでわからないのですが、あっという間に何度もイッてしまったそうです。

続いて2の潮吹きローターでクリトリスを振動させても同じ。瞬殺で無言イキを繰り返しています。

さらに3のフェアリーブラックエクシードをクリトリスに当てると最初は「これは穏やかに気持ちがいいですね」と言ってましたが途中でスイッチが入った様でイキ続けモードに。佳奈さんはクリトリスの感度が相当あを振動させます。いずれも早苗さんは「くすぐったい」と言うのですが気持ちよさそうです。

次に4のバイブでクリトリス+Gスポット+ポルチオを刺激すると佳奈さんは「これは凄すぎます」といきなり全開モード。5のシナプスフェーズも電マのスイッチを入れると10秒も経たずに「これはストレートに凄く気持ちいいです!」と瞬殺。そんなにポルチオが感じるのならポルチオに拘った玩具を連続投入です。まずは6のアイリーコネクト。これは佳奈さんの話では「イカないけど気持ちいい」そうです。7の電マンアタッチメントは「もっと奥にいれてもらえますか?」と言うので奥に入れるとイキ続けが始まりました。残されたポルチオ責めの玩具は2つ、超攻撃的なものです。まずは8のクリトリス+ポルチオ+肛門の3点責めバイブ。予測通り瞬殺です。何度も何度もイキ続けて「許してください」と懇願する佳奈さん。最後に9のシナプスヴォーグでクリトリス+ポルチオ+肛門を刺激します。昨日の患者さんが、これを「別格」と言ってましたよ、と伝えると「これは別格です、一番気持ちいいです!」とこれまたイキ続けて体力がかなり消耗した様です。

少し休憩した後に浣腸します。今日はグリセリン50%溶液を120cc 浣腸します。佳奈さんは手術の時に浣腸され、スッキリ感の虜になったそうです。200cc のガラス浣腸器に接続されたオレンジ色のネラトンカテーテルを早苗さんの肛門に挿入して注腸して、最低でも5分は我慢する様に伝えます。あまり便意を訴えることもなく、お薬が効いていないのかと思いましたが、効いているけど声にしてないだけで効いているそうです。3分ほど我慢したところでもも先生が佳奈さんの肛門を押さえます。5分経ってもまだ我慢できそうだったのでもう少し我慢させます。8分の我慢後に床に置いた便器にしゃがんで佳奈の排便が始まりました。浣腸する時に少し空気を入れたので、ブチュブチュと大きな音がしています。最初はグリセリン液だけでしたが、途中から立派な便が肛門から出てきました。

最後に肛門と直腸の検査を行います。まずは佳奈さんの肛門にケリー氏式肛門鏡を挿入しますが、余裕でした。そこで一番大きなチェルシーイートン式の肛門鏡を入れてみましたが、これもギリギリですが飲み込む事ができました。肛門鏡の内筒を抜くとピンク色の直腸壁が見えます。この模様もCCDカメラで佳奈さんにも見てもらいました。

次に指を佳奈さんの肛門に挿入し、肛門壁を触診します。きれいな肛門壁です。続いて直腸壁を触診します。最初と同じ様な反応でした。

[第二部 快楽責め]

先程使った玩具の中から反応がよかったものを抜粋して再度感じてもらいましょう。

まずは1のウーマナイザー2と2の潮吹きローターによるクリトリス責め。どちらも瞬殺で、ひたすらイキ続けています。佳奈さんはかなりクリトリスに弱い様です。

次に4のバイブでクリトリス+Gスポット+ポルチオを責めます。さらに肛門には10の振動アナルビーズを入れます。佳奈さんはバイブを「奥まで入れて下さい」と言うのですが、そうするとクリトリスの吸引が外れてしまいます。そこでクリトリスだけは潮吹きローターを当てます。クリトリス、Gスポット、ポルチオ、肛門と4点を同時に責められて佳奈さんは気持ちよすぎて混乱しています。華奢な体ですが鍛えているのでイク時に腹筋が膨らみます。何とも素敵な景色です。

一旦全部抜いて、アナルビーズを使います。まずは11の短いもの、12、13と段々と大きくして行きます。佳奈さん曰く「新しい感覚」だそうです。

ここから最後の追い込みに入ります。瞬殺確実な8のクリトリス+ポルチオ+肛門の3点責めバイブ。イキ過ぎて体力が残り少なくなった佳奈さんに快感が襲いかかります。しかし残酷にもイキ地獄は止まることはありません。さらに「別格」のシナプスヴォーグでトドメをさします。気持ちよすぎてベッドの上の方に逃げる佳奈さんですが、もも先生も追従するので意味がありません。何度も何度も許して下さいと懇願する佳奈さんですが、もも先生は意地悪なので何度もイク姿を楽しんでいました。

最後に佳奈さんが「もう一度浣腸して下さい」と言うのでディスポのヲオタ120 を使います。今度は5分で我慢の限界に達した佳奈さん、ベッド上で差込便器を入れられました。

「力が入らないので出せません」と言う佳奈さんですが、ブチュブチュという放屁音と共に排泄ご始まりました。アップで見ると肛門が膨らみ肛門から出てきているグリセリン液が泡立っています。なんと素敵な風景でしょう。

もっとプレイしていたかったのですが、時間の制約もあり今日のプレイはこれにて終了です。